ホロライブ博衣こより、ChatGPTで作った“バズるツイート”を実際にバズらせる―偉い人の許可まで貰って得たバズ

マネージャーより偉い人の許可を得てツイート。実際にバズっています。

コミュニティ クリエイターニュース
ホロライブ博衣こより、ChatGPTで作った“バズるツイート”を実際にバズらせる―偉い人の許可まで貰って得たバズ
  • ホロライブ博衣こより、ChatGPTで作った“バズるツイート”を実際にバズらせる―偉い人の許可まで貰って得たバズ
  • ホロライブ博衣こより、ChatGPTで作った“バズるツイート”を実際にバズらせる―偉い人の許可まで貰って得たバズ

女性VTuberタレントグループ「ホロライブ」の博衣こよりさんは、自身の配信企画「検証実験:AIの言いなりになったらどうなる!?」で“バズるツイート”を作成。実際に2万いいねを超え、“バズった”と言える結果になっています。

人間と会話しているような体験が得られる人工知能を活用したチャットサービス「ChatGPT」を使ったこの企画では、ChatGPTに対して自分のことを聞いてみたり、名前を付けてと、新たなテクノロジーに関心を寄せる博衣こよりさんの様子が確認できます。なお、ChatGPTの名前はジョッシューさんとなりました(博衣こよりさんのファンネームである「助手くん」にちなんだもの)。

博衣こよりさんはこのなかで「バズる(SNSやインターネット上でいいねや拡散が多く行われるなど、多くの人から注目を浴びること)ツイートを作って貰う」という企画を実施。ジョッシューさんがTwitterや“バズる”という概念を理解しているかなどをしっかりと確認したうえで、140文字以内で作成することを依頼。結果、「プレゼントキャンペーンを行う」というなんとも正攻法なツイートが生み出されました。

ホロライブに所属している身でもある博衣こよりさんは好き勝手にその内容をツイートするわけにはいかず、一旦持ち帰りということでその配信は幕を閉じました。

その後、別枠で設けられた配信(これもジョッシューさんの指示によるもの)で、このツイートについて博衣こよりさんが言及しています。プレゼントキャンペーンなどの内容もあってか、マネージャーだけでは対応できず、“結構難しい協議”を重ねたうえでマネージャーのなかでもトップによって、AI企画という内容をしっかり明記することを条件に許可が出たとのこと。

なおプレゼントはTwitterのボイス投稿機能で、実際に当選した方の名前入りボイスをツイートする模様。

実際に投稿されたツイートは、24時間で2.5万いいねを超える“バズった”といえる結果となりました。ChatGPTによるプレゼントキャンペーンを押し出したツイートは正解だったようです。

ChatGPTなどを通じて誰もが人工知能を活用したサービスに触れられる時代。それを更に博衣こよりさんにしかできないエンタテインメントとして昇華する企画力は見事と言えるでしょう。

《Okano》
RUGs公式Discordサーバー開設!
参加はこちらから!

「最高の妥協点で会おう」 Okano

東京在住ゲームメディアライター。プレイレポート・レビュー・コラム・イベント取材・インタビューなどを中心に、コンソールゲーム・PCゲーム・eスポーツについて書きます。好きなモノは『MGS2』と『BF3』と「Official髭男dism」。嫌いなものは湿気とマッチングアプリ。

+ 続きを読む

編集部おすすめの記事

コミュニティ アクセスランキング

  1. キルジョイとレイズの“キス”が国内外で話題―『VALORANT』に登場するキャラクター同士の公式カップリング(?)に注目集まり累計60万いいねを超える

    キルジョイとレイズの“キス”が国内外で話題―『VALORANT』に登場するキャラクター同士の公式カップリング(?)に注目集まり累計60万いいねを超える

  2. 『バイオハザード RE:4』モデルとなったコスプレイヤーが実況プレイを投稿―アシュリーがアシュリーを撃ち抜く

    『バイオハザード RE:4』モデルとなったコスプレイヤーが実況プレイを投稿―アシュリーがアシュリーを撃ち抜く

  3. “スト鯖GTA”ことVCRGTAが閉幕!開催週の世界視聴者ランクを日本人ストリーマーが席巻し、Steam売上ランキングに『GTAV』がのぼる

    “スト鯖GTA”ことVCRGTAが閉幕!開催週の世界視聴者ランクを日本人ストリーマーが席巻し、Steam売上ランキングに『GTAV』がのぼる

  4. 等身大パネルと一緒にお出かけは序の口、「教会」まで作ってしまう―『ダンロン』舞園さやかが好きすぎるアメリカの男性が話題

  5. 46歳ストリーマー・蛇足さんが20代の一般女性との婚約を発表!

  6. 釈迦・加藤純一・葛葉が2023年に最も多く視聴された日本ストリーマートップ3に…釈迦はアジアでも2位、総配信時間は約3,500時間にも及ぶ

  7. Twitter広告でよく見るアヤシイゲームの嘘が「コミュニティノート」で暴かれる―落ち物パズルの映像だけど実際は全く違うゲーム

  8. MOROHA UKが「パニック障害」の正しい知識を啓発…「突発的に「死」が迫ってくる感覚的な辛さ」

  9. 海外ストリーマーが福島・帰還困難区域に侵入し配信...逮捕され約1ヶ月拘留

  10. 今年は「遊ぶ」「楽しむ」「創る」!「TGS2023」インテルブースでは試遊から“生の配信”まで楽しめる

アクセスランキングをもっと見る

page top