『Apex Legends』最新アップデートに「ALGSを延期してそれか」批判集まる―バンガロールスモークと試練バグは直らず

アタッチメントの操作設定や、ヴァンテージのエコーに関する不具合、アイアンサイトが見やすいと話題になったスキンの修正が行われました。

コミュニティ ゲームニュース
『Apex Legends』最新アップデートに「ALGSを延期してそれか」批判集まる―バンガロールスモークと試練バグは直らず
  • 『Apex Legends』最新アップデートに「ALGSを延期してそれか」批判集まる―バンガロールスモークと試練バグは直らず
  • 『Apex Legends』最新アップデートに「ALGSを延期してそれか」批判集まる―バンガロールスモークと試練バグは直らず

4月10日未明『Apex Legends』の最新アップデートが配信され、いくつかの不具合が修正されました。ところが、コミュニティでは「ALGSを延期してするアップデートはそれか」と批判的な意見が集まっており、コミュニティ大会「VTuber最協決定戦」を主催するVTuberの渋谷ハルさんも不満を漏らしています。

4月10日のアップデートで修正されたのは、以下の4つ。

  • アタッチメントを落とす・移動させるボタンの配置が逆になっていたのを元の配置へ

  • ヴァンテージのエコーが正しい場所に出現するように修正

  • ベルギーのアカウントで「サン・スクワッド コレクションイベント」を購入できるように修正

  • 「スプラッシュゾーン」のアイアンサイトが本来のものへ修正

4つ目は、サン・スクワッド コレクションイベントで登場したフラットラインのスキンが、アイアンサイトが不具合により異様に見やすくなってしまう件の修正です。



現在問題視されている不具合は、バンガロールのスモークアビリティによってブラッドハウンドなどのスキャンが無効化されてしまうものや、マップワールズエッジの「試練」にて、試練を終えているにも関わらず報酬が拾えないものなどが挙げられます。まず、これらの重大な不具合が修正されていないことに不満が挙がっているのです。

更に悪いことに、この数日前には最新パッチの不安定さを理由に競技シーン「Apex Legends Global Series(ALGS)」の一部日程が延期となりました。延期という措置を鑑みると、今回の不具合修正は軽微なものであると捉えられるようです。



仮に、ALGS延期の理由であるパッチの不安定性がサーバーに関するものを指していたと考えると、プレイヤーの知らない場所で修正が入っている可能性もあります。とはいえ、前述のスモークバグなど、レジェンドのアビリティが正常に機能していない不具合の修正に時間がかかっていることは事実です。


《Okano@インサイド》
RUGs公式Discordサーバー開設!
参加はこちらから!

コミュニティ アクセスランキング

  1. XQQは、何故コーチへ転身したのか―「ZETA DIVISION」を世界ベスト3へ導いた影の立役者【独占インタビュー】

    XQQは、何故コーチへ転身したのか―「ZETA DIVISION」を世界ベスト3へ導いた影の立役者【独占インタビュー】

  2. 「配慮に欠けていた」…ぶいすぽっ!一ノ瀬うるはが“投げ銭”禁止の『SEKIRO』配信直後に別枠を設けたことに対し謝罪

    「配慮に欠けていた」…ぶいすぽっ!一ノ瀬うるはが“投げ銭”禁止の『SEKIRO』配信直後に別枠を設けたことに対し謝罪

  3. 令和最新版『A.V.A』がついに登場!人気オンラインFPS『A.V.A Global』Steam版サービス開始

    令和最新版『A.V.A』がついに登場!人気オンラインFPS『A.V.A Global』Steam版サービス開始

  4. しぐれうい本人も「なぜ?」と困惑…BMWなど高級車メーカーが「ロリ神レクイエム」ミームに乗っかる

  5. 高難度アクション『Only Up!』が33秒でクリアされ話題に―一気に飛び上がって苦難をスキップして

  6. Discordのユーザー名方式が変更へ!「@」で始まるID式になり「#」に続く識別子は廃止に

  7. キルジョイとレイズの“キス”が国内外で話題―『VALORANT』に登場するキャラクター同士の公式カップリング(?)に注目集まり累計60万いいねを超える

  8. 『バイオハザード RE:4』モデルとなったコスプレイヤーが実況プレイを投稿―アシュリーがアシュリーを撃ち抜く

  9. 「はんじょう」スプラトゥーン甲子園の出場辞退はチームの内部分裂によるもの―メンバーの遅刻や寝落ちが発端に【UPDATE】

  10. 【2023年7月~9月】最も視聴された世界のストリーマーランキングに日本人が多数登場…釈迦、兎田ぺこらなど常連組に加え、ピーク数では舞元啓介の活動休止の発表配信が世界2位に

アクセスランキングをもっと見る

page top