電気を通すゴムで脳波を測ってeスポーツに貢献!?NOKブースで「Sootブレイン」を体験!【TGS2022】

電気を通すゴムを使って脳波を測り、eスポーツに役立てるという、ゴム製品を扱うメーカーが東京ゲームショウにブース出展しています。聴くだけでとても不思議な香りがしますが、実際に脳波を測って来ました。

特集 イベントレポート
電気を通すゴムで脳波を測ってeスポーツに貢献!?NOKブースで「Sootブレイン」を体験!【TGS2022】
  • 電気を通すゴムで脳波を測ってeスポーツに貢献!?NOKブースで「Sootブレイン」を体験!【TGS2022】
  • 電気を通すゴムで脳波を測ってeスポーツに貢献!?NOKブースで「Sootブレイン」を体験!【TGS2022】
  • 電気を通すゴムで脳波を測ってeスポーツに貢献!?NOKブースで「Sootブレイン」を体験!【TGS2022】
  • 電気を通すゴムで脳波を測ってeスポーツに貢献!?NOKブースで「Sootブレイン」を体験!【TGS2022】
  • 電気を通すゴムで脳波を測ってeスポーツに貢献!?NOKブースで「Sootブレイン」を体験!【TGS2022】
  • 電気を通すゴムで脳波を測ってeスポーツに貢献!?NOKブースで「Sootブレイン」を体験!【TGS2022】

みなさん、9月15日から開催されている「東京ゲームショウ2022」にゴム製品を取り扱うメーカーが出展しているのをご存じでしょうか?自動車などに使われる工業用ゴムや樹脂製品を取り扱うNOKは「東京ゲームショウ2022」に生体用ゴム電極「Sootブレイン」を使った脳波測定デバイスを出展しました。このゴムによる脳波測定デバイスが、eスポーツをサポートしたり、もしかするとゲーム業界全体に貢献することになるかもしれません。

電気を通すゴムで作った電極
キャップ型にすることで、装着が簡単に

そもそも、ゴムというのは電気を通さないものですよね? しかし、SOKはゴム配合技術によって導電性のゴムを電極とし、脳波を測るデバイスを作りました。従来型の固くて冷たい金属製電極を使うと、それがストレスとなるため、きわめて微細である脳波は正しく測定できなかったそうです。

さらに被るだけで装着できるキャップ型のデバイスを開発。脳波を測定、分析、研究することで、例えば、プロeスポーツ選手の能力向上、科学的なコーチング、心身を健全に保つために必要な休息のタイミングの把握など、多くのことに役立つといいます。

帽子を被ってゲームをするだけで脳波が測れてしまう
筆者は注意力が高い司令官タイプ。なんだかちょっと嬉しい

ブースでは、ラジコンカーでサッカーをする『ロケットリーグ』遊んで脳波測定が体験できます。筆者が体験したところ、基本は帽子を被るだけで装着は極めて簡単でした。後は測定をスタートしてゲームをするだけ。結果は、行動力、直観力、注意力、判断力、冷静さの5つのパラメーターとともに、プレイヤーのタイプ、脳の使われ方などが分かります。

ゲームイベントとは思えない、ちゃんとした研究発表

また、脳波の研究は、ゲームが脳に与える影響を科学的に証明することに役立つということで、いくつかの事例も紹介されていました。イメージでなんとなく「ゲームは良くない!」と思われてしまうこともある中、ちゃんと科学的な分析が進むのはゲーム業界にとって大変心強いことでしょう。

任天堂「マリオカート」で認知的スキル&集中力が向上 九産大が論文発表(SankeiBiz)

ゲームで遊ぶと仕事力もアップ? FPSで「課題遂行能力」向上 レノボなど実験(ITmedia NEWS)

eスポーツや、ゲーム業界全体を支えるゴムを使った脳波の研究、興味がある方は、ぜひご自身の脳波を測りに訪れてみてください。

《田下広夢》

編集部おすすめの記事

特集 アクセスランキング

  1. 世界的DJ「ZEDD」とゲームミュージックの結びつき、そして『VALORANT』のこと…「ゲーム音楽は、自分のクリエイティブに影響を与え続けている」【インタビュー】

    世界的DJ「ZEDD」とゲームミュージックの結びつき、そして『VALORANT』のこと…「ゲーム音楽は、自分のクリエイティブに影響を与え続けている」【インタビュー】

  2. 『VALORANT』の実況解説は画面のどこを見ているのか?世界に誇る日本のVCTキャスター・岸大河さん、OooDaさん、yukishiroさんに訊く【独占インタビュー】

    『VALORANT』の実況解説は画面のどこを見ているのか?世界に誇る日本のVCTキャスター・岸大河さん、OooDaさん、yukishiroさんに訊く【独占インタビュー】

  3. 「エレコムやろ?」と舐めてかかると痛い目を見るかも!―新作ハイクラスゲーミングキーボードとマウスを試す【TGS2022】

    「エレコムやろ?」と舐めてかかると痛い目を見るかも!―新作ハイクラスゲーミングキーボードとマウスを試す【TGS2022】

  4. 『第五人格』4周年記念!オフラインイベント「真夏の植物幻想曲」をレポート…プロゲーマーの試合観戦、参加型ミニゲームに大満足のひととき

  5. うわっ…ストリーマーチーム、強すぎ…?ジャッジならぬ「バッキーなんだよねえ!」が飛び出した「VALORANT Exhibition Match」Supported by GALLERIA

  6. 重量わずか187g!最新ヘッドセットに大注目―海外ゲーミングデバイスを扱う「ふもっふのおみせ」ブースレポート【TGS2022】

アクセスランキングをもっと見る

page top