「MSI」のゲーミングデバイスが大集合―多彩なデバイスなんでもござれのブースをレポート【TGS2022】

TGS2022に「MSI」が出展。ゲーミングPC、モニター、キーボードだけでなく、マザーボードやGPUまで展示。MSIの懐の深さを感じるブースになっています。

特集 イベントレポート
「MSI」のゲーミングデバイスが大集合―多彩なデバイスなんでもござれのブースをレポート【TGS2022】
  • 「MSI」のゲーミングデバイスが大集合―多彩なデバイスなんでもござれのブースをレポート【TGS2022】
  • 「MSI」のゲーミングデバイスが大集合―多彩なデバイスなんでもござれのブースをレポート【TGS2022】
  • 「MSI」のゲーミングデバイスが大集合―多彩なデバイスなんでもござれのブースをレポート【TGS2022】
  • 「MSI」のゲーミングデバイスが大集合―多彩なデバイスなんでもござれのブースをレポート【TGS2022】
  • 「MSI」のゲーミングデバイスが大集合―多彩なデバイスなんでもござれのブースをレポート【TGS2022】
  • 「MSI」のゲーミングデバイスが大集合―多彩なデバイスなんでもござれのブースをレポート【TGS2022】
  • 「MSI」のゲーミングデバイスが大集合―多彩なデバイスなんでもござれのブースをレポート【TGS2022】
  • 「MSI」のゲーミングデバイスが大集合―多彩なデバイスなんでもござれのブースをレポート【TGS2022】

9月15日(木)より幕張メッセにて開催中の「東京ゲームショウ2022」会場では、多彩なゲーミングデバイスを手掛ける「MSI」がブースを出展。ゲーミングPCからマザーボードなどのPCパーツまで様々なデバイスが展示され、なかには実際に触って試せるものもラインナップされています。

ゲーミングらしさあふれる赤いラインが目を引くMSIブースは「Tech meets Aesthetic」をコンセプトに、さまざまなデバイスにAesthetic(美学)を感じながら、美術館を見学するように楽しめます。

まず目を引くのは、ブースの全面にズラリとならんだゲーミングPCの類い。RGBLEDで光り輝くPCは美しく、ゲーミングらしさを演出してくれます。ゲーミングノートPCも同様で、コンパクトでデザイン性にも優れながら、高いリフレッシュ・レートや高性能なCPU・GPUを搭載した満足の行く仕上がりになっているものばかり。

そのほか、展示されている湾曲ゲーミングモニターやキーボード、マウス、ヘッドセットなどはMSIが手掛けるものであり、「ゲーミングPC環境はだいたいMSIで揃うぞ」と言わんばかりの様相。ゲームに適した湾曲モニターは高いリフレッシュ・レートに対応するモデルも多く、湾曲率によってさまざまな没入感の違いを楽しむことができます。キーボードも、レッドスイッチからメンブレンまでさまざまなスイッチに対応したラインナップが展示されています。

人気のバトロワ『Apex Legends』や『モンスターハンターライズ:サンブレイク』でPCのスペックや一部のデバイスを実際に触って試すこともできます。

極めつけはPCパーツ。GPUやマザーボードなど、PCにおける重要な要素を担うパーツもMSIで揃えることができます。種類が豊富なだけでなく、エントリーモデルからハイエンドなものまで、ユーザーのニーズに合わせてさまざまな選択肢が用意されているのが特徴的です。

PCにおけるゲーミングライフを華やかに、そして多くの選択肢を持って演出してくれるMSIのラインナップ。多くのデバイスがところ狭しと展示され、見応えという意味でも満足度が高く、MSIの懐の深さがうかがえるブースとなっています。

「東京ゲームショウ2022」は、9月15日~18日(一般公開は16日の14時以降・17日・18日)、幕張メッセ・国際展示場にて開催中。MSIブースはホール7で出展されています。なお、MSIブース特設サイトはこちらをご確認ください。

《Okano》
RUGs公式Discordサーバー開設!
参加はこちらから!

「最高の妥協点で会おう」 Okano

東京在住ゲームメディアライター。プレイレポート・レビュー・コラム・イベント取材・インタビューなどを中心に、コンソールゲーム・PCゲーム・eスポーツについて書きます。好きなモノは『MGS2』と『BF3』と「Official髭男dism」。嫌いなものは湿気とマッチングアプリ。

+ 続きを読む

編集部おすすめの記事

特集 アクセスランキング

  1. ストリーマーとしても大人気「𝑮𝑶𝑵 𝑴𝑨𝑪𝑯𝑰𝑵𝑬…」がプロを続ける理由とは…やっぱり悔しいnethの1v5、FENNELとして迎える2024年についても【インタビュー】

    ストリーマーとしても大人気「𝑮𝑶𝑵 𝑴𝑨𝑪𝑯𝑰𝑵𝑬…」がプロを続ける理由とは…やっぱり悔しいnethの1v5、FENNELとして迎える2024年についても【インタビュー】

  2. 「エレコムやろ?」と舐めてかかると痛い目を見るかも!―新作ハイクラスゲーミングキーボードとマウスを試す【TGS2022】

    「エレコムやろ?」と舐めてかかると痛い目を見るかも!―新作ハイクラスゲーミングキーボードとマウスを試す【TGS2022】

  3. 『VALORANT』の実況解説は画面のどこを見ているのか?世界に誇る日本のVCTキャスター・岸大河さん、OooDaさん、yukishiroさんに訊く【独占インタビュー】

    『VALORANT』の実況解説は画面のどこを見ているのか?世界に誇る日本のVCTキャスター・岸大河さん、OooDaさん、yukishiroさんに訊く【独占インタビュー】

  4. 『VALORANT』新エージェント・ゲッコーは新感覚イニシエーター!可愛いお手軽索敵と凶悪なダメージソースがカギ【先行プレイレポート】

アクセスランキングをもっと見る

page top